持ち上げる時の動きの基本とは(オンラインことば学講座)

●今回の言葉……重心を近づける

こんにちは、フェルマータの「ことば学講座」を担当しております、講師の齋藤匡章です。

※ことば学講座はオンラインで自宅で受講するレッスンです。

次回の「ことば学講座」は、8月13日(土)夕方5時です。

最適な動作を身につけたい方は、こちらのページからお手続きください。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html(ことば学講座)


●重心を近づける動作を癖にする

ことば学講座では、「動作の最適化」という大事なテーマがあります。

これから一生、自分の体と付き合っていくには、動作を最適化して、「無駄に負担をかけず、必要なところは鍛える」ことが肝心です。

道具や器具も上手に使えば長持ちするし、乱暴に使えば早く寿命がきますね。

私たちの体も同じです。

特に差が出るのは、腰と膝。

今日は、物を持ち上げるときの動作の基本を復習しておきましょう。

腰椎(腰部分の骨)に負担をかけない動作の基本は、「自分の重心を、物の重心に近づける」。

あなたの重心は、ざっくりいうと、腰のあたりにあります。

姿勢によって重心の位置は変わりますが、肩や膝にまでズレることはないので、ざっくり「腰」と捉えて結構です。

ずっしり重たい荷物を持ち上げるとしたら、腰(お腹のあたり)を荷物にグッと近寄せて、両手で抱えるようにしてから体ごと立ち上がると、負担なく持ち上がります。

逆に危ないのは、膝を伸ばしたまま腰をかがめた姿勢で持ち上げようとする動き。

さらに、腰の位置が荷物の重心線から離れれば離れるほど、危ない。

最適な動作を何度も反復練習して、体のクセにしてしまいましょう。

頭でわかっているだけでは、とっさのときに違う動きになってしまいます。

頭で考えなくても、自然に良い動きになるように、さらに言えば「この動きしかできない」レベルになるように、トレーニングしましょう。

次回の「ことば学講座」は、8月13日(土)夕方5時です。

最適な動作を身につけたい方は、こちらのページからお手続きください。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html(ことば学講座)

* * *

ぜひこちらからティータイムメールにご登録を → 【ティータイムメールに登録する】

メイフェアとフェルマータに関する情報(紅茶、ケーキ、講座など)をメールでお送りします。

* * *

【フェルマータ カフェ】
〒950-0973 新潟市中央区上近江2-92-1
https://fermata-cafe.com/
Tel/Fax 025-290-7227
新潟市で大人の言葉レッスン(ことば学講座)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。