共鳴で声がこんなに変わってた(声のサロン)

●前とぜんぜん違う声

フェルマータで発声話し方レッスン講座「声のサロン」を担当している齋藤匡章です。

会員の方からこんなメールをいただきました。

前は自分の声が嫌いだったので(歌も話し声も)
歌って録音なんて絶対にしなかったのに
レッスンで何回も録音するようになって
先日ふと以前の録音を聞いてみたら
ぜんぜん声が変わっててビックリしました。

聴き比べてみましたか。違うものでしょう?

これからさらにどんどん変わりますよ。

「共鳴」のコントロールは、トレーニングによって年々上達します。

しかも、できることの精度がだんだん高まって、今まで聞き取れなかった、感じ取れなかった違いが体で感じられるようになる。

これはつまり、以前の自分にとって「ない」だったのが「ある」に変わった、世界が変わった、ということです。

外国語を勉強していて、似た経験をしたことはありませんか?

知識として覚えただけの単語や文は、ナチュラルスピードで発音されるとまったく聞き取れないけれど、自分の口でナチュラルスピードで発音できるようになると、不思議なくらい鮮明に聞き取れる。

頭ではなく、体に入った状態ですね。

発声トレーニングでも、共鳴の有無や度合いが、最初はなにやらさっぱりわからなかったのが、やがて文字や色で区別されているかのようにはっきり聞き取れ、感じ取れるようになります。

話し声も、歌声も、共鳴が命です。

喉(声帯)に頼らず、共鳴に頼る発声技術を身につければ、何歳になっても楽に良い声で話すことができます。

丁寧にトレーニングして、共鳴の達人になりましょう。


※声のサロンとは

声のサロンは、社会人のための発声話し方スクール(新潟市)です。

日本発声協会が認定する話し方発声法(共鳴発声法)など、コミュニケーションスキルを習得することができます。

良い話し方の技術を身につけたい方、いつまでも良い声で話したい方、効果的なスピーチやプレゼンテーションをしたり部下を指導したりしたい方のためのレッスンです。

トレーニングにウクレレを使うので、ウクレレ弾き歌いという一生ものの趣味まで手に入ります。なかなかの楽しみですよ。

オンラインで受講できます。ご希望の方は、こちらからお申し込みください。
   ↓
https://kotoba-strategy.com/online/

* * *

ぜひこちらからティータイムメールにご登録を → 【ティータイムメールに登録する】

メイフェアとフェルマータに関する情報(紅茶、ケーキ、講座など)をメールでお送りします。

* * *

【フェルマータ カフェ】
〒950-0973 新潟市中央区上近江2-92-1
https://fermata-cafe.com/
Tel/Fax 025-290-7227
新潟市で大人の言葉レッスン(ことば学講座)


声帯を正しく使えば傷まない(声のサロン)

●共鳴発声法なら声帯が老けない

フェルマータで発声話し方レッスン講座「声のサロン」を担当している齋藤匡章です。

たまにですが、「こちらの発声レッスンは、歌のボイストレーニングですか? それとも話し方教室ですか?」と聞かれることがあります。

答えは、「歌もしゃべりも、発声の基本は共通です」。

だから、話すトレーニングもするし、ウクレレ弾き歌いで歌の練習もします。

発声のメカニズムを知ると、すぐにわかります。しゃべりと歌で異なるメカニズムで声を作っているわけではありません。

いずれも肺からの呼気で声帯を振動させ、そこに加える共鳴をコントロールして、声を出します。

声量や高さに違いはあっても、程度の差であって、質的な差ではありません。

だから、共鳴発声法のトレーニングによって、話し声が楽に出るようになるし、歌もうまくなります。

人前で1時間以上しゃべってもまったく喉がやられない発声も身につくし、歌の高音も出せるようになります。

年を取っても、声が老けない方法を教えましょう。

それは、共鳴発声法を身につけて、声帯の健康を保つことです。

「自分の声が嫌い」という人は、たいてい喉に頼った喉声になっています。そのせいで生っぽい、剥き出しっぽい声になっている。

大きな声を出したり、ちょっと長く電話で話したりすると、声がガサガサになってしまうのは、喉(声帯)に頼る発声をしているから。

共鳴発声法を使って、喉に頼らず共鳴に頼る、正しい発声を体験してください。

「私にもこんな声が出せるなんて」と、きっと驚きますよ。


※声のサロンとは

声のサロンは、社会人のための発声話し方スクール(新潟市)です。

日本発声協会が認定する話し方発声法(共鳴発声法)など、コミュニケーションスキルを習得することができます。

良い話し方の技術を身につけたい方、いつまでも良い声で話したい方、効果的なスピーチやプレゼンテーションをしたり部下を指導したりしたい方のためのレッスンです。

トレーニングにウクレレを使うので、ウクレレ弾き歌いという一生ものの趣味まで手に入ります。なかなかの楽しみですよ。

オンラインで受講できます。ご希望の方は、こちらからお申し込みください。
   ↓
https://kotoba-strategy.com/online/



* * *

ぜひこちらからティータイムメールにご登録を → 【ティータイムメールに登録する】

メイフェアとフェルマータに関する情報(紅茶、ケーキ、講座など)をメールでお送りします。

* * *

【フェルマータ カフェ】
〒950-0973 新潟市中央区上近江2-92-1
https://fermata-cafe.com/
Tel/Fax 025-290-7227
新潟市で大人の言葉レッスン(ことば学講座)


草月流いけばな新潟教室です

●オンラインでいけばなが習える新潟教室

フェルマータカフェ(新潟市中央区上近江)のいけばなレッスン「朝のいけばな教室」は、草月流いけばなです。

ご自宅にいながらオンラインで、草月流のいけばなが習えます。

ただし、100パーセントオンラインのみではなく、前日にフェルマータまでお花を取りに来てください。

お稽古は第3日曜日の朝、9時に始まります。Zoomを使って、画面を通して先生とやり取りしながら、ご自宅でお花を活けていきます。

月1回というゆったりペースが、支持されています。大人のお稽古だから、ゆっくり自分のペースで楽しみながら上達していけるのが特徴です。

講師:本庄雅香(草月流師範)
月謝:3,300円(別途花代:1,200円前後)
会場:オンライン(各自ご自宅で)
お稽古:毎月1回、第3日曜日
※月1回のメールレッスンつき
時間:朝9時~
道具:花ばさみ、テキスト

※いけばなを習ってみたい方は、フェルマータ(025-290-7227)までお電話でお申込みください。

* * *

ぜひこちらからティータイムメールにご登録を → 【ティータイムメールに登録する】

メイフェアとフェルマータに関する情報(紅茶、ケーキ、講座など)をメールでお送りします。

* * *

【フェルマータ カフェ】
〒950-0973 新潟市中央区上近江2-92-1
https://fermata-cafe.com/
Tel/Fax 025-290-7227
新潟市で大人の言葉レッスン(ことば学講座)


人前で緊張せずに話すコツ(声のサロン)

●力みを探してみよう

フェルマータで発声話し方レッスン講座「声のサロン」を担当している齋藤匡章です。

人前で話すとき、緊張することはありますか?

緊張したりアガったりして、ぎこちない様子になるのが恥ずかしいなら、場慣れしているように見せる方法があるので、練習してみてください。

心理的に緊張すると、たいてい同時に身体的な緊張がついてきます。

多くの場合、肩や背中、太股あたりの筋肉がキュッと固くなっているので、見つけてみましょう。

見つけたら、とりあえずそこだけほぐします。

どうですか? 楽になったでしょう。

筋肉をほぐすと、不思議なことに、心理的な緊張もほぐれて楽になります。

自分がしゃべっている様子を動画撮影すると、力みが見つかりやすいので、オススメです。

動画撮影はすごく役に立ちます。慣れないと気恥ずかしさを感じるかもしれませんが、トレーニングのために思い切って撮ってみると、メリットが大きい。

先日も、送っていただいた動画によって、動作のイメージが少し違っていたことが発見できました。

スピーチやプレゼンテーションも、ただ原稿を作って練習するだけでなく、その様子を撮影すると、自覚のないままガチガチに力が入っているかもしれませんよ。

力みを抜くと、楽になります。試してみてください。


※声のサロンとは

声のサロンは、社会人のための発声話し方スクール(新潟市)です。

日本発声協会が認定する話し方発声法(共鳴発声法)など、コミュニケーションスキルを習得することができます。

良い話し方の技術を身につけたい方、いつまでも良い声で話したい方、効果的なスピーチやプレゼンテーションをしたり部下を指導したりしたい方のためのレッスンです。

トレーニングにウクレレを使うので、ウクレレ弾き歌いという一生ものの趣味まで手に入ります。なかなかの楽しみですよ。

オンラインで受講できます。ご希望の方は、こちらからお申し込みください。
   ↓
https://kotoba-strategy.com/online/

* * *

ぜひこちらからティータイムメールにご登録を → 【ティータイムメールに登録する】

メイフェアとフェルマータに関する情報(紅茶、ケーキ、講座など)をメールでお送りします。

* * *

【フェルマータ カフェ】
〒950-0973 新潟市中央区上近江2-92-1
https://fermata-cafe.com/
Tel/Fax 025-290-7227
新潟市で大人の言葉レッスン(ことば学講座)


話すとき、響きを使うとよく届く(声のサロン)

●しゃべると声が嗄れるなら


フェルマータで発声話し方レッスン講座「声のサロン」を担当している齋藤匡章です。

「しゃべっていると喉が痛くなって、声が嗄れてしまう」というお悩みがあります。

そんなに張り切ってしゃべらなくても、そっと声を出せばいいのに、と思うかもしれませんが、そうもいかない事情があります。

「声が通らなくて、聞き返される」というお悩みが、さらに多く寄せられるのです。

声が届かないと困るので、ある程度の声量をキープしようと張り切って、そのせいで喉が痛くなってしまうんですよね。

そんな方に、発声のアドバイスです。

「共鳴」を使って、パワーではなく響きで声を通す方法を試してみましょう。

難しいことはありません。共鳴トレーニングの入門編だから、すぐにできます。

まず、口を閉じたまま、好きな歌をハミングをします。

1曲丸ごと歌わなくても、ひとしきり歌えば大丈夫。ただし、ある程度の音量を出したほうがわかりやすい。

すると唇や鼻のあたりに、ビリビリとした振動を感じるはず。その振動がどこにくるか、つまりどこがくすぐったいかを感じてください。

人によって違います。ハミングの仕方や、現状での共鳴の付け方が一人一人違うからです。

だから、「自分の場合」で結構です。「ここが一番くすぐったい」という場所がわかったら、そこが今のあなたにとって、最もお手軽に響かせられる場所です。

その場所にできるだけビリビリを感じながらしゃべると、そうでない時に比べて、圧倒的に「通る声」になります。

「声が通らない」とお悩みの方は、試してみてください。


※声のサロンとは

声のサロンは、社会人のための発声話し方スクール(新潟市)です。

日本発声協会が認定する話し方発声法(共鳴発声法)など、コミュニケーションスキルを習得することができます。

良い話し方の技術を身につけたい方、いつまでも良い声で話したい方、効果的なスピーチやプレゼンテーションをしたり部下を指導したりしたい方のためのレッスンです。

トレーニングにウクレレを使うので、ウクレレ弾き歌いという一生ものの趣味まで手に入ります。なかなかの楽しみですよ。

オンラインで受講できます。ご希望の方は、こちらからお申し込みください。
   ↓
https://kotoba-strategy.com/online/

* * *

ぜひこちらからティータイムメールにご登録を → 【ティータイムメールに登録する】

メイフェアとフェルマータに関する情報(紅茶、ケーキ、講座など)をメールでお送りします。

* * *

【フェルマータ カフェ】
〒950-0973 新潟市中央区上近江2-92-1
https://fermata-cafe.com/
Tel/Fax 025-290-7227
新潟市で大人の言葉レッスン(ことば学講座)


毎日の動作が将来につながる(ことば学講座)

●股関節で重力を感じながら歩く

こんにちは、フェルマータ2階(現在はオンライン)でことば学講座を担当している、言語戦略研究所の齋藤匡章です。

今日は「動作」の話をします。

ことば学講座には、「動作の最適化」という大事なテーマがあります。

たとえば、歩き方。

股関節を正しく使い、膝を傷めないように、重力と仲良くしながら楽に歩いていますか?

私たちは毎日、数千歩を歩いているといわれています。

万歩計で計りながら何千歩とか1万歩と目標を決めて歩いている人もいますが、そうでなくても、朝起きてから夜寝るまでのすべての歩数を計るとちゃんと数千歩は歩いているという。

スゴイですね。こんな回数を毎日繰り返す動作は、ほかにありませんね。

だから、一回一回の積み重ねが日に日にじわじわと増えてきます。

腕立て伏せを、間違った方法で毎日数千回やったら、一発で肘が壊れるでしょう。

歩きも、本来は同じです。だから、若いうちはまだ回数の蓄積がさほどではありませんが、年齢を重ねるうちに蓄積の差が痛みや不調となって出てきます。

今日からは、股関節で重力を感じながら歩いてみてください。

良い歩き方は、体が元気になったり丈夫になったりと、プラスの蓄積になります。

良くない歩き方は、膝を傷めたり関節の寿命を縮めたりと、マイナスの蓄積になります。

わざわざトレーニングジムに通わなくても、日常生活の中でちゃんと鍛えられるから、大丈夫ですよ。

正しい歩き方を身につけましょう。

次回の「ことば学講座」は、9月10日(土)夕方5時です。

最適な動作を身につけたい方は、こちらのページからお手続きください。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html(ことば学講座)

* * *

ぜひこちらからティータイムメールにご登録を → 【ティータイムメールに登録する】

メイフェアとフェルマータに関する情報(紅茶、ケーキ、講座など)をメールでお送りします。

* * *

【フェルマータ カフェ】
〒950-0973 新潟市中央区上近江2-92-1
https://fermata-cafe.com/
Tel/Fax 025-290-7227
新潟市で大人の言葉レッスン(ことば学講座)


してるかな? 成果が上がる練習法(声のサロン)

●ちゃんと成果が上がる練習をしよう

フェルマータで発声話し方レッスン講座「声のサロン」を担当している齋藤匡章です。

今日は「練習法」の話をします。

毎日、何かの練習やトレーニングをしていますね。

発声、ウクレレ、動作、言葉など……

仕事の技能訓練や、資格試験の勉強もそう。

ところで、ちゃんと成果の上がるトレーニングをしていますか?

トレーニングには、成果の上がる方法と、上がらない方法があります。

最も「もったいない」トレーニングをご存じですか?

「惰性」です。

「一日何時間、何分練習するぞ」「毎日この時間はトレーニングタイム」と決めて、練習を習慣化するのは、とっても大事。

でも、「何分練習すればいい」「とりあえず今日の分はやった」になってしまうと、単に惰性で時間を過ごしているようなもので、成果が上がりません。

では、成果の上がる練習法とは、いったいどんなやり方か。

「できていないところに集中的に取り組む」練習法です。


●ダメ出ししながら繰り返し刷り込む

歌の練習で説明します。

たとえば今、「Caro mio ben」という歌を練習しているとします。

だいたい一通り歌えて、なんとなく暗譜した感じになってくると、「通し練習を数回」のような練習を流すようになりがちです。

そうなると、せっかく時間を使っているのに、上達(変化)が乏しくて、「私はまあこのくらいのレベルかな」という気分にもなったりして、もったいない。

かといって、「歌えるようになってきた」「もう楽譜を見なくても余裕」「この歌はもうレパートリー」という気持ちに早くなってしまうと、もうそこからクオリティーが高まることはありません。

レッスンで指摘されたことを参考に、いつまでも自分にダメ出しを続けられると、どこまでも伸びていきます。

・出だしの子音が弱い(キツイ)な
・音の高さが下っていくにつれて、声の響きも落ちているな
・フレーズの終わりがブツリと切れてしまう
・「r」の巻き舌がイマイチ

のようなポイントに気づいたら、そこを「集中攻撃」しましょう。

このとき大事なのは、意識して何回か繰り返して「できた」で終わらず、次回は無意識に同じ動作ができるように、「体に癖をつける」つもりで「癖づけ」していきます。

出だしの子音なら、意識しながら「Ca~」とやれば、ちょうどいい「k」の音にたどり着くのに、さほど回数は要らないでしょう。

しかし、まだまだです。

次回以降、無造作に「Ca~」と何回やっても、毎回確実にちょうどいい「k」の加減になるようになったら、ようやく本物です。

そのためには、しつこく、しつこく刷り込んで、「意識しながらおこなう感覚」を薄くしていって、「口を開けば、考えなくても自然にそうなる」自分にしていく必要があります。

「そういう自分」を育てていくわけですね。

「今の自分が、がんばってそうする」ではなく、「新しい自分を育てる」ということ。

それが成果の上がるトレーニングです。


※声のサロンとは

声のサロンは、社会人のための発声話し方スクール(新潟市)です。

日本発声協会が認定する話し方発声法(共鳴発声法)など、コミュニケーションスキルを習得することができます。

良い話し方の技術を身につけたい方、いつまでも良い声で話したい方、効果的なスピーチやプレゼンテーションをしたり部下を指導したりしたい方のためのレッスンです。

トレーニングにウクレレを使うので、ウクレレ弾き歌いという一生ものの趣味まで手に入ります。なかなかの楽しみですよ。

オンラインで受講できます。ご希望の方は、こちらからお申し込みください。
   ↓
https://kotoba-strategy.com/online/



* * *

ぜひこちらからティータイムメールにご登録を → 【ティータイムメールに登録する】

メイフェアとフェルマータに関する情報(紅茶、ケーキ、講座など)をメールでお送りします。

* * *

【フェルマータ カフェ】
〒950-0973 新潟市中央区上近江2-92-1
https://fermata-cafe.com/
Tel/Fax 025-290-7227
新潟市で大人の言葉レッスン(ことば学講座)


きもちよくヨガで体をほぐしましょう

●体を健康に保ちたい方へ

フェルマータ2階でおこなっている「リセットヨガ教室」は、体がかたくても、運動が苦手でも、大丈夫。

ふだん体を動かす機会がなくて、「体をほぐしたいなぁ~」と思っている方に、リセットヨガ教室をおすすめします。

呼吸に意識を向けて、ゆっくり体を動かしながら、自分の体と向き合う時間です。

頭の中を空っぽにして動くことで、瞑想状態になり、ほぐれていきます。

フェルマータの2階の環境もとても良くて、店内の緑豊かな植物に囲まれて、バルコニーからはプラタナスの木を眺めることができます。

夜のヨガレッスンは、夜風が気持ちよく、月が見えることも。

朝のレッスンは、朝ならではの太陽の光と気持ちのいい風を感じながら。

体験レッスンもできますので、フェルマータまでお電話(025-290-7227)ください。

* * *

ぜひこちらからティータイムメールにご登録を → 【ティータイムメールに登録する】

メイフェアとフェルマータに関する情報(紅茶、ケーキ、講座など)をメールでお送りします。

* * *

【フェルマータ カフェ】
〒950-0973 新潟市中央区上近江2-92-1
https://fermata-cafe.com/
Tel/Fax 025-290-7227
新潟市で大人の言葉レッスン(ことば学講座)


持ち上げる時の動きの基本とは(オンラインことば学講座)

●今回の言葉……重心を近づける

こんにちは、フェルマータの「ことば学講座」を担当しております、講師の齋藤匡章です。

※ことば学講座はオンラインで自宅で受講するレッスンです。

次回の「ことば学講座」は、8月13日(土)夕方5時です。

最適な動作を身につけたい方は、こちらのページからお手続きください。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html(ことば学講座)


●重心を近づける動作を癖にする

ことば学講座では、「動作の最適化」という大事なテーマがあります。

これから一生、自分の体と付き合っていくには、動作を最適化して、「無駄に負担をかけず、必要なところは鍛える」ことが肝心です。

道具や器具も上手に使えば長持ちするし、乱暴に使えば早く寿命がきますね。

私たちの体も同じです。

特に差が出るのは、腰と膝。

今日は、物を持ち上げるときの動作の基本を復習しておきましょう。

腰椎(腰部分の骨)に負担をかけない動作の基本は、「自分の重心を、物の重心に近づける」。

あなたの重心は、ざっくりいうと、腰のあたりにあります。

姿勢によって重心の位置は変わりますが、肩や膝にまでズレることはないので、ざっくり「腰」と捉えて結構です。

ずっしり重たい荷物を持ち上げるとしたら、腰(お腹のあたり)を荷物にグッと近寄せて、両手で抱えるようにしてから体ごと立ち上がると、負担なく持ち上がります。

逆に危ないのは、膝を伸ばしたまま腰をかがめた姿勢で持ち上げようとする動き。

さらに、腰の位置が荷物の重心線から離れれば離れるほど、危ない。

最適な動作を何度も反復練習して、体のクセにしてしまいましょう。

頭でわかっているだけでは、とっさのときに違う動きになってしまいます。

頭で考えなくても、自然に良い動きになるように、さらに言えば「この動きしかできない」レベルになるように、トレーニングしましょう。

次回の「ことば学講座」は、8月13日(土)夕方5時です。

最適な動作を身につけたい方は、こちらのページからお手続きください。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html(ことば学講座)

* * *

ぜひこちらからティータイムメールにご登録を → 【ティータイムメールに登録する】

メイフェアとフェルマータに関する情報(紅茶、ケーキ、講座など)をメールでお送りします。

* * *

【フェルマータ カフェ】
〒950-0973 新潟市中央区上近江2-92-1
https://fermata-cafe.com/
Tel/Fax 025-290-7227
新潟市で大人の言葉レッスン(ことば学講座)


発声時、お腹の正しい使い方(声のサロン)

●「お腹から声を出す」って本当?

フェルマータで発声話し方レッスン講座「声のサロン」を担当している齋藤匡章です。

「お腹から声を出す」といった言い方を聞いたことはありますか?

きっとあるでしょう。

そう聞いても、「声を出すのは、口からじゃないのかな」なんて疑問に感じたかもしれませんね。

「お腹を使って声を出す」といえば、誤解がないでしょう。

私たちは、肺に吸い込んだ空気を使って声帯を振動させ、そこに共鳴を加えて声を出しています。

こんな当たり前の動作ですが、「息の吐き方」ひとつ取ってみても、意外とみなさん、一人一人違って癖があります。

呼吸に肋間筋をメインで使う人もいれば、横隔膜をメインで使う人もいる。

横隔膜を下げたとしても、その際にお腹や腰まわりがやわらかく膨らむ人もいれば、ほとんど動かず腹圧だけ高まってしまう人もいる。

先ほどの「お腹を使って」は、ざっくり言うと、横隔膜をしっかり引き下げ、お腹まわりをやわらかく動かして、そこからのエネルギーを借りて呼気を出す動作です。

これができると、喉にも負担がかからず、何歳になっても楽にイキイキと話すことができます。

これができないと、喉に頼るのですぐに声帯をやられ、声が嗄れてしゃがれたり、そのまま対処しないと結節やポリープができてトラブルになってしまいます。

「声のサロン」レッスンで、「お腹の正しい使い方」を一緒に練習しましょう。

共鳴発声法の入り口ですから、しっかり身につけて、一生イイ声で話しましょうね。


※声のサロンとは

声のサロンは、社会人のための発声話し方スクール(新潟市)です。

日本発声協会が認定する話し方発声法(共鳴発声法)など、コミュニケーションスキルを習得することができます。

良い話し方の技術を身につけたい方、いつまでも良い声で話したい方、効果的なスピーチやプレゼンテーションをしたり部下を指導したりしたい方のためのレッスンです。

トレーニングにウクレレを使うので、ウクレレ弾き歌いという一生ものの趣味まで手に入ります。なかなかの楽しみですよ。

オンラインで受講できます。ご希望の方は、こちらからお申し込みください。
   ↓
https://kotoba-strategy.com/online/

* * *

ぜひこちらからティータイムメールにご登録を → 【ティータイムメールに登録する】

メイフェアとフェルマータに関する情報(紅茶、ケーキ、講座など)をメールでお送りします。

* * *

【フェルマータ カフェ】
〒950-0973 新潟市中央区上近江2-92-1
https://fermata-cafe.com/
Tel/Fax 025-290-7227
新潟市で大人の言葉レッスン(ことば学講座)