ラプサンスーチョンって、どんな紅茶?

●どうして強烈な香りなのか


ラプサンスーチョンという紅茶があります。

フェルマータカフェ(新潟市中央区上近江)のドリンクメニューにもありますね。

「世界で初めてのフレーバーティー。煙の香りがついた個性的な紅茶」と説明が添えてあります。

私も好きですが、相当クセの強い紅茶ですね。

中国福建省武夷山が発祥の地で、松を燻して着香したフレーバーティーの一種です。

日本人にとっては「正露丸みたい」という表現が最もしっくりくるでしょう。

同じ着香茶のアールグレイが広く親しまれているのに対して、ラプサンスーチョンは好みが分かれるので、紅茶セットなどには入れづらいのですが、たまに思いきってセットに組み合わせてみると、すごく気に入ってくださる方が多くて驚きます。

やっぱりフェルマータにいらっしゃる方は、みなさんマニアックなほどに紅茶がお好きなのでしょうね。

今日の記事のタイトルは「ラプサンスーチョンって、どんな紅茶?」でしたね。

松を燻して正露丸のような香りをつけた、マニア向けの紅茶です。

* * *

ぜひこちらからティータイムメールにご登録を → 【ティータイムメールに登録する】
メイフェアとフェルマータに関する情報(紅茶、ケーキ、講座など)をメールでお送りします。

* * *

【フェルマータ カフェ】
〒950-0973 新潟市中央区上近江2-92-1
https://fermata-cafe.com/
Tel/Fax 025-290-7227
新潟市で大人の言葉レッスン(ことば学講座)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。