なぜ言葉は意識を変容させるのか(オンライン文章講座)

●言葉はなぜ読み手の意識を変容させるのか

こんにちは、フェルマータで言葉の講座を担当している、齋藤匡章です。

今月は、年に4回のオンライン文章講座「春の講座」がありますね。

※文章講座はオンラインで自宅で受講するレッスンです。

5月28日(土)15:00~です。

お申込みがまだなら、こちらのページのフォームからお手続きください。
   ↓
https://fermata-cafe.com/fer/seasonal/


今回はあらためて「言葉のパワー」を取り上げます。

なぜ言語というメディアには、相手の意識を変える作用があるのでしょうか。

あなたが発する言葉は、どのように相手の意識(つまり脳)に届き、処理され、影響を及ぼすのか。

こう聞かれて、パッと的確に説明できる人はほとんどいないでしょう。

私たちは言語能力を持つがゆえに、言葉によって良くも悪くも影響を受けます。

良い影響ばかりならいいのですが、良くない影響も受けてしまう性質を、私たちは持っているのです。

仕事に対して、「こうしなければいけない」「こうすべき」のような縛りが自分の中にあって、気づくといっぱいいっぱいになってしまうとしたら、たいていはどこかで見聞きした言葉が影響しています。

家での立場や役割についても、同じ。

「○○だから、○○しなければいけない」「○○としてふるまうべき」のような思い込みがあるとしたら、それは呪いのように内側から作用し続けます。

たいていは、どこかで見聞きした言葉が根強く居座っていて、ホメオスタシスとして自分を縛り、余裕をなくす原因となります。

そうした縛りから解放するのが、言葉の講座の役目です。


●実体のない言葉がどのように作用するのか

言語を使わない動物なら、言葉をかけられても影響はありません。

犬や猫も、声の調子や表情には反応して、安心したり怖がったりしますが、言語的に理解して反応しているわけではありませんよね。

ところが言語能力を持つあなたは、まるで刃物や鈍器で襲われたのと同等のダメージを、言葉だけで受けてしまうこともある。

しかも身体的なダメージよりも長く、たやすく再現されたりもする。

よくよく考えると、不思議ですよね。

言葉には実体がないのに。

いったいどのように、言葉があなたの脳に作用したのでしょうか。

このような「言葉が脳に作用する様子」を知れば、より適切で効果的な言葉の使い方ができるようになりますよ。

より良い言葉と意識のトレーニングができるように、ブレーキにもなり得る縛りの影響から、自分自身を解放していきましょう。

【オンライン文章講座】(春の講座)

日時:2022年5月28日(土)15:00~20:00頃
料金:10,000円(税込)
会場:自宅でオンライン受講
講師:齋藤匡章(言語戦略研究所)
内容:なぜ言葉は意識を変容させるのか
文章力は、一生にわたって役に立つ技能です。誰でもタダで平等に使える「言葉」という道具ですが、だからこそ一人一人の言葉の力によって差がつきます。仕事で言葉を使う場面が多い方は、この講座で言語能力を高めて、周囲のみなさまのお役に立ってあげてください。

※お申込みは https://fermata-cafe.com/fer/seasonal/ からどうぞ

* * *

ぜひこちらからティータイムメールにご登録を → 【ティータイムメールに登録する】

メイフェアとフェルマータに関する情報(紅茶、ケーキ、講座など)をメールでお送りします。

* * *

【フェルマータ カフェ】
〒950-0973 新潟市中央区上近江2-92-1
https://fermata-cafe.com/
Tel/Fax 025-290-7227
新潟市で大人の言葉レッスン(ことば学講座)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。