アフタヌーンティー


アフタヌーンティーを3段スタンドで


●アフタヌーンティーセット……2,200円または2,400円



スコーン1個なら……お一人様2,200円
スコーン2個なら……お一人様2,400円

いつもメイフェア(https://salon-mayfair.net/)でアフタヌーンティーをお楽しみいただいていた方に、朗報です。

新潟市でアフタヌーンティーをゆったり楽しめる店がひとつ増えました。

この2021年5月、フェルマータカフェでアフタヌーンティーのご提供を開始します。



●アフタヌーンティーの内容は──


  • たまごのサンドイッチ
  • スコーン1個または2個
  • クロテッドクリーム&ジャム
  • キャラメルプリン
  • ガトーウィークエンドシトロン
  • フルーツ
  • 野菜スープ&サラダ
  • お好きなドリンク2種類

──と書いてもわかりにくいでしょうから、写真に名前を入れて図解してみます。



フェルマータカフェは、もともと「気持ちいい時間をお過ごしいただくための場所」です。

ゆったりのんびりお楽しみください。



●アフタヌーンティーとは


昔の英国貴族は、夜にオペラや観劇を楽しんでいました。

夕食はその後になってしまうため、お腹がすいてしまいます。

そこで、ベッドフォード公爵夫人アンナマリアは、夕食までの空腹を満たすおやつの時間(だいたい17時頃)を設けたのです。

はじめは、バター付きのパンで空腹を満たしていましたが、その後は上流階級の女性の社交の場として発展していきました。



●アフタヌーンティーのマナー


アフタヌーンティーの3要素といえば、サンドイッチ、スコーン、スイーツです。

この3つがそろっているのが、アフタヌーンティーの条件といえるでしょう。

アフタヌーンティーは、「サンドイッチ→スコーン→スイーツ」の順番で食べるのがマナーとされています。

お客様から時々「どの順番で食べるのが正解なんですか?」と聞かれますが、こちらでは気軽にお好きな順番で召し上がってくださいね。



●昔のサンドイッチの具の定番


当時の英国貴族が食べるサンドイッチで、定番の具があります。

さて何でしょうか?

きゅうりのサンドイッチが、当時の英国貴族のステータスシンボルだったんです。

驚きですよね。

イギリスは寒い地方で、きゅうりを育てることが難しく、きゅうりを作るには、土地、育てる人が必要です。

採れたてのきゅうりでサンドイッチを作ることができるのは、お金持ちのシンボルだったのです。

きゅうりのサンドイッチが貴族のステータスシンボルなんて、おもしろい話ですね。








【フェルマータ カフェ】
〒950-0973 新潟市中央区上近江2-92-1
https://fermata-cafe.com/
Tel/Fax 025-290-7227
新潟市で動作の最適化レッスン(ことば学講座)